ペットロスから立ち直るためには~ペット葬儀で気持ちを切り替える~

大切なペットのためにできる終活~ペット葬儀を行う意味とは~

終活後のペットロスの克服方法~悲しみの乗り越える~

ペットと飼い主の関係がより深くなっている現代。「ペットロス」から抜けだせずにいる方が増えています。

ペットロスとは?

悲しむ女性

ペットロスとは、ペットを失ったことによって深い悲しみを感じている状態のことです。ペットの存在は大きいですから、それを失った悲しみは当然深いものになります。ペットを失った場合、誰もが陥る可能性があります。しかし、その状態からいつまでも抜け出せないとなると、日常生活に支障をきたすようになるでしょう。

ペットロスの主な症状

  • 過食または食欲不振
  • 睡眠不足
  • 倦怠感
  • 胃が痛くなる、吐き気
  • やる気がなくなる
  • 深く落ち込んでしまう
  • 突然ペットを思い出して泣いてしまう

終活後のペットロスから立ち直るには

事実を受け止めてしっかりと供養してあげる(40代/ペット葬儀社)

深い悲しみから立ち直るためには、やはりきちんとペット葬儀を行なって、その死を受け入れることですね。供養してあげることで、「助けてあげられなかった」と後悔する気持ちではなく、「安らかに眠って欲しい」という穏やかな気持ちに切り替えることができると思いますよ。

ペット葬儀が終わると何もしないことも大事(20代/ペットロス経験者)

ペット葬儀で供養したあとは、何もしませんでした。まさに無気力状態でしばらく過ごしましたね。でも、それがかえって心に余計な負担をかけなかったみたいで、思ったよりも楽に気持ちの切り替えができたんです。無理して忘れようとしたり、前向きになろうとすることはありませんよ。

今の環境になれていく(30代/愛犬家)

もう、慣れるしかないです。ペットがいない日常生活に、徐々に慣れていくしかありません。何も、今すぐにペットがいない生活を当たり前に思えっていうわけじゃないですよ。「ゆっくり慣れていけばいいんだ」と、自分自身を焦らせないことも大事だと思うんです。

思い出の品を整理する(50代/愛猫家)

ペットが毎日使っていたもの、大好きなおもちゃなんかを整理したら、不思議と自分の気持ちも整理できたんですよね。「これでいっぱい遊んだな~」なんて思い出して号泣しながらでしたけど、それでも気持ちが少しスッキリしましたよ。

はまり込んでしまうと鬱の発症にも繋がるペットロス。ペットロスにはまり込まずに立ち直るためには、ペットの最期を迎えるための準備、「終活」をしておくことが有効なのです。終活によって少しずつ気持ちの整理を始め、「その時」がきたらペット葬儀で安らかな眠りを祈ってあげましょう。あなたが穏やかな気持ちで見送れば、ペットも安心して眠りにつけるはずです。

TOPボタン