ペット葬儀の火葬方法や費用は葬儀社によって異なる

大切なペットのためにできる終活~ペット葬儀を行う意味とは~

失敗しないペットの終活~ペット葬儀の種類と費用を把握~

ペット葬儀の種類、必要な費用について勉強しておくことも、ペットの終活において大切なことです。葬儀社の中には対応できない葬儀方法もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

ペット葬儀の種類

合同火葬
ほかのご家庭のペットと一緒に火葬を行ないます。また、火葬だけでなく、その後の埋葬・納骨も一緒に行なわれることが多いです。埋葬・納骨も合同の場合、返骨はありません。なるべく費用を抑えたいという方におすすめといえるでしょう。
一任個別火葬
火葬から拾骨までを葬儀業者が行なうというものです。ここまでの立ち合いはできません。遺骨を納めたあとはご遺族に返骨するか、そのまま納骨堂に納めるかのどちらかになります。返骨を希望する場合、すべての遺骨が返ってくるのか、一部のみなのかを確認しておくといいでしょう。
立会個別火葬
火葬からご遺族が立ち合い、拾骨までを行ないます。人間とほぼ変わりない葬儀ができるのは、この形式でしょう。拾骨まで行なったあとは、ペット霊園への埋葬や納骨堂へ納めるなどの選択肢があります。料金は比較的高額となることが多いようです。
訪問火葬車による火葬
トラックや軽自動車など大きさは様々ですが、火葬炉を搭載した車で自宅まで出張してきてもらう形式で、自宅の駐車場などの車を停めておけるスペースで行ないます。この方法を選択する場合、煙や臭いが発生します。不要なトラブルを避けるため、あらかじめ近隣へ了承を得ておくようにしましょう。

一般的なペット葬儀の費用

費用に関しては、ペットの種類など様々な条件によって変わるため、平均を出すことが難しいです。いくつかのペット葬儀社に問い合わせて料金を比較する、もしくは無料相談窓口で聞いてみるのが一番です。 こうした葬儀に関する具体的なことを考えるのも、ペット終活において必要なことです。いざペット葬儀を執り行って「別のところに頼めばよかった…」なんて後悔をすることがないように、ペット葬儀社の見学に行ったり、見積もりをよく比較したりして準備を進めてください。

TOPボタン